サンリバイブ おすすめしない人

サンリバイブを「おすすめしない人」はこんな人

サンリバイブをおすすめしない人

 

あなたはサンリバイブに何を期待していますか?

 

たくましい夜の生活を送れることですか?

 

疲れ知らずの男らしさを取り戻したいですか?

 

 

サンリバイブは、いずれの方にも向いているサプリメントです。

 

 

しかし、過度な期待感を持って購入して残念な結果に終わってしまわないように、ここではサンリバイブをおすすめする人と、そうではない人について、まとめてみました。

 

 

サンリバイブをおすすめしない人はこんな人

 

ポイントはこの3つです。

 

  • すぐに結果を求める人
  • 継続が苦手な人
  • 「運動はぜったいに嫌!」という人

 

 

それでは、それぞれについて、詳しく解説していきます。

 

すぐに結果を求める人

 

まず、サンリバイブはED薬では無い、ということは、理解しておくべきことです。

 

ED薬は、その名の通り「薬」なので、即効性が期待できる反面、禁忌や副作用などもあり、利用には専門的な知識が必要です。

 

参照:お薬なび

 

それでも「自分は健康的に体質改善したいんじゃない!副作用とか関係なく、とにかく急いでいるんだ!」という人は、まずは病院へ行って、医師に相談をしましょう。

 

 

継続が苦手な人

 

サンリバイブはED薬ではなく、健康食品です。
そのため、正しく使えば副作用の心配はありませんが、薬のように即効性があるものではなく、続けていくことで体質を改善していくものなのです。

 

いわゆる「健康に気遣った食事を毎日続けましょう」ということと、考え方的には同じですから、継続的に自分の体を「ケア」する、という考え方が持てない人は、サンリバイブは向いていない、と判断せざるを得ません。

 

ま、本来で言えば、毎日の食事に対してそこまで神経質にならなくても、毎日粒を数個飲むだけで、必要な栄養を摂れる、というのがサプリメントなんですけどね。

 

 

「運動はぜったいに嫌!」という人

 

これは決して「運動しなければサンリバイブを飲んでも効かない」ということが言いたい訳ではありません。

 

でも、「運動はぜったいに嫌!」と言い張る人は、「最近なんだか勃ちが悪い」という要因を、かなり抱えている可能性が高いと感じますし、「努力はゴメン」と私には聞こえるので、そもそも続けてサプリを飲むとか難しいと思います。

 

それでも「いや、私はサプリなら続けられるんです!」というのであれば、買って飲まれるのは自由ですが、

 

ただ、「運動はぜったいに嫌!」なんて平気で言えちゃう人のアソコがギンギンになったところで、喜ばせられる女性がいるのでしょうか。

 

まずは意気込みだけでも「自分を磨くために少しづつでもがんばります」とか、言って欲しいものです。

 

 

以上、ポイントを3つ挙げさせていただきましたが

 

一言でいうと、

自分は何の努力をする気もないのに、あそこだけギンギンにしてくれる魔法のようなものは、無いと思った方が良いのです。

 

 

あなたはこの3つのポイント、共感していただけましたか?

 

 

まとめ

 

サンリバイブの主成分は卵白です。

 

そして、卵そのものは、アミノ酸スコア100という非常に栄養素が高いたんぱく源です。

 

さらにランペップは、卵白に含まれるペプチド成分な訳ですが、体内で一酸化窒素の生産を促進することで、血管を拡張し、血流改善をもたらしてくれます。

 

その結果、男性機能改善への効果があるサプリメントが誕生しました。

 

この効果は、特許も取得されています。

 

卵白ペプチド「ランペップ RunPep? 」による「NO(一酸化窒素)産生促進組成物及び男性機能改善」に関する特許を取得いたしましたので、お知らせいたします。

 

出典:卵白ペプチド「ランペップ? 」の特許取得のお知らせより

 

そして実は、、、

 

この「体内で一酸化窒素の生産を促進する」というのは、実は、ED薬の主な特徴とも一緒なんです。

 

サイクリックGMPを動きやすくしたものが、世に言うED治療薬という事になり、一酸化窒素を十分に分泌出来る様になるのです。

 

出典:お薬なび

 

だからランペップを配合したサンリバイブは、ED薬ほど即効性はないけど、ED薬よりも安全なサプリメント、ということが出来るんです。

 

 

だからこそ!

 

今回お伝えした3つのポイントをクリアできるのであれば、

 

あなたに、とてもおすすめのサプリメントです。

 

初回は500円、定期コースもいつでも休止・解約できますから、

 

「あの頃はなぁ〜」と一度でも考えたことがあるのであれば、一度サンリバイブを始めてみてください。

 

 

こちらの公式サイトから、申込みができますよ。

 

 ↓ ↓ ↓

 

サンリバイブの公式サイトはこちら